第 1 条 この協会は、愛知県体育館スポーツ教室協会と称する。
第 2 条 この協会は、事務所を名古屋中区二の丸1番1号愛知県体育館内におく。
第 3 条 この協会は、愛知県体育館の施設を利用して、県民の健康な身体の養成と、健全な精神を培い併せてスポーツの普及向上を図るため、つぎの事業を行う。
  (1) 水泳、体操、バスケットボール、サッカーの初心者及び上級者の各教室の開催。
(2) 女性のための水泳、バドミントンの各教室の開催。
(3) 水泳、体操の初心者及び上級者のための夏期特別教室の開催。
第 4 条 この協会に次の役員をおく。
  会 長    1 名
副会長    若干名
理事長    1 名
理 事     若干名
監 事     2 名
第 5 条 この協会の役員の選出は次による。
  (1)理事は別表の通り各関係団体より選出する。
(2)会長、副会長、理事長は、理事の互選による。
(3)監事は会長が指名する。
第 6 条 この協会の役員の権限及び任務は次のとおりとする。
  (1) 会長は協会を代表し、事務を総理する。
(2) 副会長は会長を補佐し、会長事故あるときはその職務を代理する。
(3) 理事長は事務局を総括し協会事業の運営にあたる。
(4) 理事は理事会を構成し、本会の予算、事業計画等重要事項を審議し、これを決議する。
(5) 監事は会計を監査し、その結果を理事会に報告しなければならない。
第 7 条 この協会に顧問をおくことができる。
  (1)顧問は理事会の推薦により会長がこれを委嘱する。
(2)顧問は必要に応じ理事会で意見を述べることができる。
第 8 条 理事会は会長が必要に応じてこれを招集する。
  (1)理事会の議長は理事の互選により選出する。
(2)会長は理事の3分の1以上の要求があったときは、理事会を招集しなければならない。
(3)理事会はその構成員の2分の1以上の出席がなければ開くことができない。ただし書面をもって他の理事に委任したる者は出席者とみなす。
(4)理事会の議事は出席構成員の過半数の同意をもって決定し、可否同数の場合は議長の決するところによる。
第 9 条 会長は、緊急に重要事項を処理する必要があると認めたときは、役員会を招集し、その意見を聞いて専決することができる。
  (1)役員会は、会長、副会長、理事長及び会長の指名する理事をもって構成する。
(2)会長は、役員会を招集して緊急に重要事項を処理したときは次回の理事会に報告し、その承認を求めなければならない。
第 10 条 役員の任期は2年とする。ただし再任を妨げない。
  (1)役員に欠員を生じたるときは、之を補充することができる。
(2)補充した役員の任期は前任者の残余の期間とする。
(3)役員はその任期満了後でも後任者の決定するまで引き続きその職務を行う。
第 11 条 この協会の経費は、参加料及びその他の収入をもってあてる。
第 12 条 この協会の会計年度は毎年4月1日に始まり翌年3月31日とする。 ただし出納は翌年度の4月30日をもって閉鎖する。
第 13 条 この協会の事務を処理するため事務局をおく。
  (1)事務局に事務局長その他の職員をおき会長が任免する。
(2)事務局長は出納事務その他の所掌事務について事務局職員を指揮監督する。
(3)事務局長は第2項の規定にかかわらず体育館副館長をもって充てる。
(4)事務局規程は必要に応じ別に定める。
第 14 条 この規約は理事会の構成員の3分の2以上の同意を得なければ改正し、又変更することができない。
第 15 条 この規約に定めるほか、本会の運営に必要な事は会長が定める。
附   則 この規約は昭和53年4月1日から施行する。
  この規約は昭和61年3月24日から施行する。
  この規約は昭和63年4月1日から施行する。
  この規約は平成17年4月1日から施行する。
  この規約は平成20年4月1日から施行する。


別  表
  愛知水泳連盟 5 名
  愛知体操協会 4 名
  愛知バスケットボール協会 2 名
  愛知県バドミントン協会 2 名
  愛知サッカー協会 2 名 
  中日新聞社 3 名
  東海テレビ放送 2 名
  愛知県体育館 3 名
 
(注)1 選出基準  各関係競技団体代表 1 名
  各教室担当者指導者代表 1 名
2 会長に充てられた理事の数はこの定数にかかわらず別とすることができる。
▲ PAGE TOP